Blogブランディングブログ

「経営とデザインの幸せな関係」とは?

2019/08/30


vol.424

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

理想のお客様が

自然と集まってくるような

ホームページやパンフレットなど

の制作をしています。

 

 

 

初めてホームページを作る方

リニューアルしたい方

安心してご相談くださいね。

 

 

 

DSC_2615小

 

 

 

最近、

「経営」と「デザイン」に関する

セミナーに参加しています。

 

 

 

たとえば

中川政七商店の会長の

「経営とデザインの幸せな関係」

 

 

 

中川政七商店

 

 

 

以前から中川さんの

ブランディングに対する

考え方が大好きで

書籍を何冊か読んできました。

 

 

 

講演開始後、早々に

「私(中川)がブランディングの

コンサルティングをする時

最初に決算書を5期分見せてもらい

会社の現状を把握します」

と話されたこと。

 

 

 

そう。

ブランディングとは

業績を良くするために

打つ手立てなのです。

(経営戦略の一部)

 

 

 

「デザインに明るくない

経営者は多く、

経営(業績)に関心を持たない

デザイナーも多い」

 

 

 

 

デザインとは

顧客接点(コミュニケーション)

とつくることだから

ブランドづくりには

欠かせない要素。

 

 

 

だから

経営者とデザイナーが

「共通言語」を持てば

企業とブランドは強くなる!

とのこと。

 

 

 

「共通言語」とは

いかにして会社をよくするか、

よいブランド・商品を

生み出すかについての

ロジック、フロー、フォーマットです。

 

 

 

共通言語をプロジェクトに

関わるすべての人が

持つことができれば、

間違いなくそのプロジェクトの

成功率は上がります。

 

 

 

アッパービレッジで

デザイナーが経営の勉強

(ランチェスター戦略)

を続けているのはこれと

同じ考えだからなんですよね。

 

 

 

中川さんから直接お聞きして

間違ってなかったと

確信できたので

嬉しかったです(^ ^)

 

 

 

中川政七さん

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

yoshiko_2350

Blogブランディングブログ

マクドナルドのV字回復。その背景にあるマーケティングとは。

2019/03/08


vol.395

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

ホームページやパンフレットなど

会社のブランディングやデザインを

一からお手伝いしています。

 

 

 

初めてホームページを作る方から

リニューアルしたい方まで

安心してご相談いただけます。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

大阪から岡山に

引っ越してきた頃

戸惑ったこと

 

 

 

それは・・・

 

 

 

「マック」VS「マクド」論争(笑)

 

 

 

ファストフード店

マクドナルドのことを

大阪人は「マクド」って

呼ぶのに対して

岡山人は「マック」って

言うんですよね。

 

 

 

どっちが正しいって

意外とみなさん

熱く語ったりします。

 

 

 

どうでもいい話ですが(笑)

 

 

 

そんなマックへ

ランチに行きました。

(岡山人になりましたね〜)

 

 

 

チキンタツタ

 

 

 

お目当は「チキンタツタ」。

マックのメニューの中で

一番大好き♪

 

 

 

かつてレギュラー商品に

なったこともありますが

ここしばらくは

期間限定商品のため

CMなどで見かけて

あわてて食べに行きます!

今年も食べることができて

よかった(*^_^*)

 

 

 

そういえば、数週間前に

日本マクドナルドホールディングスの

2018年12月期

決算発表がありましたね。

(以下の公開資料はこちら

 

 

 

mac1

mac2

 

 

 

既存店売上高前年対比

 +6.9%

既存店客数前年対比

 +4.1%

1店舗当たりの平均月商

 約1,500万円(上場来最高)

既存店売上 前年対比増

 38ヵ月連続

 13四半期連続

 

 

 

 

 

 

 

2015年12月期に

347億円の赤字にまで

落ち込んだあと

 

 

 

改革にとりかかり

2017年12月期には

過去最高益を更新し

鮮やかなV字回復を

遂げましたが

 

 

 

それ以降も業績は

好調のようです。

 

 

 

このV字回復には

代表取締役社長兼CEOの

サラ L・カサノバさんが

マーケティングを強化して

マクドナルド「らしさ」へ

立ち返ったことが

大きいと言われています。

 

 

 

mac4

mac5

 

 

 

既存顧客にヒアリングをして

課題を徹底的に改善し

要望を実現化し

最高の店舗体験を

提供しています。

 

 

 

資料にある

「KODO」とは

顧客の声を集める

アプリのことです。

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

実際の店舗では

こんな感じで各テーブルで

PRされています。

 

 

 

マクドナルド1 マクドナルド2

 

 

 

アンケートに回答したら

割引クーポンがもらえるので

インセンティブに惹かれて

回答する顧客も多いのでしょう。

 

 

 

顧客満足度が向上しているので

これらの施策が功を奏している

のでしょうね。

 

 

 

ブランディングは

マーケティング戦略の一部です。

顧客と向き合い

顧客の声に耳を傾けることは

基本になります。

 

 

 

ホームページを作る、

ロゴマークを作る、

会社案内を作る ときは

 

 

 

ぜひ既存の顧客に

自社の魅力や改善点を

お聞きすると

その後の戦略づくりに

役立ちますよ!

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

デザインはカッコイイだけじゃダメ!東京マラソンから学ぼう!

2019/03/04


vol.391

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

今日お会いした人

SNSでやり取りした人

ほとんどの方が

東京マラソンの話題でした。

 

 

 

翌日でも注目度が高く

ランナーにも余韻が残り

皆さんの話題になる・・・

 

 

 

それが東京マラソンの

ブランド力ですね!(^_^)

 

 

 

昨日のブログで

東京マラソンのロゴマークに

個人的な感想を書きましたが

 

 

 

TOKYO MARATON 2019

 

 

 

パンフレットを

読み直していると

ちゃんと説明がありました!

 

 

 

東京マラソン大会ロゴ

 

 

 

「このロゴの異なる線の

ひとつひとつは

東京マラソンに参加する

ランナーやボランティア、

観衆のひとりひとりを表し、

様々なストーリーが

織り重なることで

ひとつの大きな感動を

生み出す東京マラソンの

大会コンセプト

【東京がひとつになる日】

を表現しています。」

 

 

 

私の解釈は概ね

あっていたってことですね。

よかった(^。^)

 

 

 

デザインを仕事としている

立場として「概念」を

見える化するって

苦心を重ねています。

 

 

 

その積み重ねの成果が

あったからこそ

ロゴマークの意味が

想像できたのだと

思いますね。

 

 

 

「東京マラソン」を

表現する大会ロゴに対して

「2019年大会」を表現する

メインビジュアルもあります。

 

 

 

メインビジュアル1 メインビジュアル2

 

 

 

参加賞のTシャツや

完走者へ渡すバスタオル

総合パンフレットの表紙などに

使用されているビジュアルです。

 

 

 

毎年継続的に行われている

イベントなので

「東京マラソン」自体を

表現するものと

「各年度のコンセプト」を

表現するものを分けているのです。

 

 

 

こうやって見ていると

東京マラソンは

デザインの観点からも

たくさん学ぶことがありますね。

 

 

 

東京マラソン_インフォグラフィック1

 

 

 

これはコースマップ。

マップでは色や形に

「機能」があることを

デザイナーは

自覚しなければ

いけません。

 

 

 

だから

「キレイ」「カッコいい」

「オシャレ」「雰囲気で」

だけでは許されないのです。

 

 

 

東京マラソン_インフォグラフィック2

 

 

 

昨今では

外国語表記とのバランスや

ピクトグラムの活用もありますね。

 

 

 

たくさんの情報を

見てわかりやすく

伝えることが重要となります。

 

 

 

IMG_2363

 

 

 

例えばこの凡例だと

一般ランナー(男女)には

・グリーン

・シルバー、ブラック

・オレンジ

の3色があります。

 

 

 

この違いって何だろう?

って考えちゃうのが

デザイナーです。

 

 

 

ちなみに私は

ゴールした後

 

 

 

SEIKOのブースで

自分の記録タイムを

知りたかったので

 

 

 

シルバー、ブラックの

ランナーが集まる

東京国際フォーラムに

立ち寄りました。

 

 

 

そこでわかったことは

海外からのランナーが

集まっているってことです。

 

 

 

「MEETING POINT」

と書かれた標識があったり

ボランティアスタッフも

外国語が堪能な人

ばかりでした。

 

 

 

シルバー、ブラックは

海外からの参加者を

見える化していたのです。

 

 

 

インフォグラフィック2

 

 

 

このページでは

グラフを活用しています。

グラフはデータの

見える化として

定番中の定番です。

 

 

 

グラフのカラーリングは

グリーンの濃淡と

濃いブルーの2色で

構成されていますよね?

 

 

 

2色に抑えることで

煩雑さを回避しています。

 

 

 

パワーポイントなどで

資料を作成する方は

色の使いすぎが多いので

参考にしてくださいね。

 

 

 

ことろで濃いブルーは

何を意味している

のでしょう?

 

 

 

グラフを読み解くと

「一番多いカテゴリー」

を表現していると

推測されますが・・・

 

 

 

ここで気がつきます。

それなら

「マラソン予測タイム別集計」は

3時間台が濃いブルーじゃないかと。

恐らく校正ミスです。

そんなことまで

気づいてしまいます(笑)

 

 

 

東京マラソンは

走るだけでなく

デザインの観点からも

たくさんの学びが

あることがわかります。

 

 

 

普段見ているものを

観察できる力を

養っていきたいですね。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

社会がよくなり大きなビジネスが生まれるには。

2018/08/14


vol.189

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

先日

ラジオを聞いていたら 

映画「ほたるの里の守り人」

 

 

 

 

 

 

の広報PRで

山田英治さんという方を

知りました。

 

 

 

山田さんは 

大手広告代理店

博報堂で25年間

 

 

 

大手企業を相手に

CMクリエイターとして

活躍されていましたが

 

 

 

3.11東日本大震災で

被災地に赴いたとき

 

 

 

自分に何ができるか考えて

支援金を募るCMを

つくったそうです。

 

 

 

そして、被災地に

通い続けるうちに

 

 

 

実は震災前から日本は

「課題先進国」で

 

 

 

持続可能な社会

ではないことに

気づいたそうです。

 

 

 

そこで

大企業のCMを作るより

社会のための広告を作ろう!

と山田さんは立ち上がり

 

 

 

社会テーマ専門

広告活動を始めました。

 

 

 

そして今年4月1日から

独立して立ち上げたのが

「社会の広告社」

なんだそうです。

 

 

 

「社会がよくなり

大きなビジネスが

生まれるような

イノベーションを

創発したい。」

が山田さんの使命感

 

 

 

社会テーマといえば

とっつきにくい

印象だったり

 

 

 

お金と結びつきにくい

(ビジネスになりにくい)

内容を扱う印象ですが

 

 

 

その社会テーマを

あえて自分の得意分野にして

 

 

 

「自分ならこう解決する」

というノウハウを持ち

 

 

 

クラウドファンディングで

資金を集めたり

新しい顧客を創出したり

 

 

 

理想みたいなことを

やっている人だと

思いました。

 

 

 

なぜ「理想」かといえば

日本には昔から

近江商人の

 

 

 

三方良し

(自分良し・相手良し・世間良し)

という考え方があって

 

 

 

それを実践している

ビジネスのあり方

だからです。

 

 

 

 三方良し

 

 

 

アッパービレッジは

同じ業界で

仕事をするものとして

 

 

 

これからの

山田さんの活躍に

注目していきます。

 

 

 

そういえば、先日

岡山市内で

産業廃棄物処理業を

営む同年代の経営者が

 

 

 

dav 

 

 

「エコアクション21」

に取り組んでいて

 

 

 

環境活動レポート

(≒CSRレポート)

を作成する意義として

 

 

 

「自社の企業価値を

高めてくれる」

と話していました。

 

 

 

その際、

「作っただけでは

顧客等に読んでもらえない。

伝わりやすい見た目も大切。

 

 

 

アッパービレッジさんは

ノウハウがあるから

デザインで助けてほしい。」

 

 

 

と話されていました。 

 

 

 

 

自社のノウハウで

地元の企業を支援して

クライアント企業が

活性化することで

 

 

 

岡山が元気になることが

私たちの使命だと

改めて感じました。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

また明日

お会いしましょう。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

生産性とクリエイティブに効き目あります!

2018/06/12


オフィス改革をしたいサービス業の社長へ

 

 

 

vol.126

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

パンダ

(朝日新聞社より)

 

 

 

上野動物園の

シャンシャン(香香)が

1歳になりましたね。

 

 

 

誕生日にほっこりしつつ

飼育員さんなど周囲の

助けがあっての成長

なんだろうなあとも思います。

 

 

 

成長と言えば

アッパービレッジは

平成14年4月に

 

 

 

フリーランスの

デザイナーとして

私が創業した会社ですが

(最初は個人事業主)

 

 

 

ここまでこれたのは

支えてくださった

多くの方々のおかげです。

 

 

 

そのうちのお一人が

吉備人出版さんです。

 

 

 

創業したての私に

歌集のブックデザインを

ご依頼くださいました。

↓↓↓↓↓

 

 

 

本

 

 

 

いまはもう

ご覧いただくことはなくなった

私自身がデザインしていた頃の

制作物です。

 

 

 

断捨離が進んだいまでもこれは

大切に保存しています。

 

 

 

これ以外にもいくつも

ブックデザインを

させていただきました。

本当にありがとうございます。

 

 

 

その吉備人出版のみなさまが

久しぶりにアッパービレッジに

遊びに来てくださいました!

 

 

 

吉備人のみなさん

(右から2番目が吉備人出版の山川社長)

 

 

 

なんと、4人も!

目的は「事務所見学」。

 

 

 

吉備人出版さんがこれから

社内改革を行うにあたって

事例研究として視察に

来てくださったのです。

 

 

 

こういうのって

嬉しいですね♪

 

 

 

吉備人のみなさん

 

 

 

現状のオフィスにした

コンセプトやいきさつ

具体的な方法について

 

 

 

自分の考えや

体験談をお話したり

 

 

 

吉備人のみなさん

 

 

 

普段は立ち入り禁止の

作業スペースにも

特別にお入りいただいて

 

 

 

現場の様子や資料など

をごらんいただきました。

 

 

 

中でもみなさま

スタンディングデスクが

気になるようです(笑)

 

 

 

私たちが立って仕事を

するようになるまでに

 

 

 

収集した情報や

導入した後の状況

などお伝えしたり

 

 

 

吉備人のみなさん

 

 

 

私だけじゃなくて

社員さんからも

リアルな声を届けました。

 

 

 

吉備人のみなさん

 

 

 

そもそも

5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)

に取り掛かる前には

「トヨタの片づけ」、「断捨離」、

「佐藤可士和の超整理術」など

 

 

 

本

(「断捨離」はすでに断捨離してました・汗)

 

 

 

違った角度からの

本を数冊読んだのですが

その結果として

わたしが至った答えは

 

 

 

5Sは

・業務効率向上

・クリエイティブ力向上

の両方に効果的という仮説。

 

 

 

業務効率がよくなることは

大半の方にご理解いただき

やすいと思いますが

 

 

 

クリエイティブ力がよくなる

は「?」かもしれませんね。

 

 

 

それは断捨離の本を

読んだ時にわかったのですが

人の頭と心は”モノ”に

支配されやすく

 

 

 

“モノ”を手放すことで

それまでとらわれていた

“コト”から頭と心が解放されて

自由になれるのです。

 

 

 

解放された

頭と心で生み出す

クリエイティブは

自ずとそれまでよりも

クオリティが高まりますよね。

 

 

 

日本屈指のデザイナー

佐藤可士和さんが

整理にこだわるのも

本質的には同じことと

私は解釈しています。

 

 

 

「整理」とは

いるものと

いらないものを分けて

いらないものを捨てるコト。

 

 

 

整頓とは

残ったものを順序立てて

整えるコト。

 

 

 

5Sを実践してみて

私の仮説は「正しかった」と

確信しています。

 

 

 

小さな会社が

ブランドになるには

そこで働く人たちが

いい仕事ができるような

環境づくりも必要です。

 

 

 

ちなみに今は

「蔦屋家電」のような

オフィスもいいなと

思っていてちょこっと

真似し始めています(笑)

 

 

 

 

あくなき探究心で

これからも楽しみながら

変わっていきますよ。

 

 

 

IMG_2973

(こういう雑誌も好きですね♪)

 

 

 

ご興味のある方は

うちの取り組みでしたら

お話しできますので

お尋ねくださいね。

 

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

また明日お会いしましょう♪