Blogブランディングブログ

顧客維持に効果的!ニュースレター!

2019/08/29


vol.423

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

ホームページやパンフレットなど

会社のブランディングやデザインを

一からお手伝いしています。

 

 

 

初めてホームページを作る方

リニューアルしたい方

安心してご相談くださいね。

 

 

 

日差しを避けて

表町商店街を歩いていると

見つけました^_^

 

 

 B3B32CAA-1F97-4821-93A3-00EA0F2D84F3

 

 

 

「文化がまちにある!」

プロジェクトの看板です。

今年も展示されてました。

 

 

 

まちプロ看板

 

 

 

 

これは看板ですが

パンフレットのデザインを

長年の間、アッパービレッジが

担当させていただいてます^_^

 

 

 

ベースの印象は残しつつ

毎年新しい印象に仕上げます。

今年もイベントの集客に

貢献できますように!

 

 

 

集客といえば

新規顧客の開拓が想像されますが

既存顧客の維持活動も

含まれると思います。

 

 

 

維持活動の一つとして有効な

ツールが定期的にお送りする

ニュースレターです^_^

 

 

 

今日は

とあるクライアントの会社へ

デザイナーのまりんちゃんと

ニュースレターの

打合せに出かけました。

 

 

 

D4F31FCB-2C16-44D9-A341-D1DEA60A384C

 

 

 

これまでと印象をガラッと変えたい

ということでご依頼いただきました。

 

 

 

まずはその理由をお聞きします。

次にターゲットについて掘り下げ

伝えらための施策を検討します。

 

 

 

この度のクライアントは

目指すイメージがはっきりしていたので

共有がしやすくスムーズな

打合せとなりました^_^

 

 

 

デザイン案をご確認いただき

内容を詰めていきます。

 

 

 

5D1DA05B-8969-4CB4-9BDB-8478FCFC0E0A

 

 

 

スタッフさんの紹介を

入れることにしましたが

写真の撮り方や

載せるプロフィールについても

アドバイスします。

 

 

 

ターゲットへ訴求するためには

デザインにちゃんと理由があるのです。

 

 

 

どんな話題を載せたら

ターゲットは喜ぶかも

いっしょに考えます^_^

 

 

 

このニュースレターを読んだ

お客さまが

クライアントのことを

忘れずに思い出して

また商品をご依頼して

いただけるように仕掛けていきます。

 

 

 

さあ、今日も

良い打合せができました!

発行が楽しみです^_^

 

 

 

A406959E-1D8E-442D-8A00-12F1580DE6B3

7CEEDD9A-18B6-490B-9B9A-4362D0516923

D5EC5F83-63DD-47C9-829E-C41429A8F0D8

50F35802-1802-4037-A154-57F4DEA5539E

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

yoshiko_2350

 

Blogブランディングブログ

デザインはカッコイイだけじゃダメ!東京マラソンから学ぼう!

2019/03/04


vol.391

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

今日お会いした人

SNSでやり取りした人

ほとんどの方が

東京マラソンの話題でした。

 

 

 

翌日でも注目度が高く

ランナーにも余韻が残り

皆さんの話題になる・・・

 

 

 

それが東京マラソンの

ブランド力ですね!(^_^)

 

 

 

昨日のブログで

東京マラソンのロゴマークに

個人的な感想を書きましたが

 

 

 

TOKYO MARATON 2019

 

 

 

パンフレットを

読み直していると

ちゃんと説明がありました!

 

 

 

東京マラソン大会ロゴ

 

 

 

「このロゴの異なる線の

ひとつひとつは

東京マラソンに参加する

ランナーやボランティア、

観衆のひとりひとりを表し、

様々なストーリーが

織り重なることで

ひとつの大きな感動を

生み出す東京マラソンの

大会コンセプト

【東京がひとつになる日】

を表現しています。」

 

 

 

私の解釈は概ね

あっていたってことですね。

よかった(^。^)

 

 

 

デザインを仕事としている

立場として「概念」を

見える化するって

苦心を重ねています。

 

 

 

その積み重ねの成果が

あったからこそ

ロゴマークの意味が

想像できたのだと

思いますね。

 

 

 

「東京マラソン」を

表現する大会ロゴに対して

「2019年大会」を表現する

メインビジュアルもあります。

 

 

 

メインビジュアル1 メインビジュアル2

 

 

 

参加賞のTシャツや

完走者へ渡すバスタオル

総合パンフレットの表紙などに

使用されているビジュアルです。

 

 

 

毎年継続的に行われている

イベントなので

「東京マラソン」自体を

表現するものと

「各年度のコンセプト」を

表現するものを分けているのです。

 

 

 

こうやって見ていると

東京マラソンは

デザインの観点からも

たくさん学ぶことがありますね。

 

 

 

東京マラソン_インフォグラフィック1

 

 

 

これはコースマップ。

マップでは色や形に

「機能」があることを

デザイナーは

自覚しなければ

いけません。

 

 

 

だから

「キレイ」「カッコいい」

「オシャレ」「雰囲気で」

だけでは許されないのです。

 

 

 

東京マラソン_インフォグラフィック2

 

 

 

昨今では

外国語表記とのバランスや

ピクトグラムの活用もありますね。

 

 

 

たくさんの情報を

見てわかりやすく

伝えることが重要となります。

 

 

 

IMG_2363

 

 

 

例えばこの凡例だと

一般ランナー(男女)には

・グリーン

・シルバー、ブラック

・オレンジ

の3色があります。

 

 

 

この違いって何だろう?

って考えちゃうのが

デザイナーです。

 

 

 

ちなみに私は

ゴールした後

 

 

 

SEIKOのブースで

自分の記録タイムを

知りたかったので

 

 

 

シルバー、ブラックの

ランナーが集まる

東京国際フォーラムに

立ち寄りました。

 

 

 

そこでわかったことは

海外からのランナーが

集まっているってことです。

 

 

 

「MEETING POINT」

と書かれた標識があったり

ボランティアスタッフも

外国語が堪能な人

ばかりでした。

 

 

 

シルバー、ブラックは

海外からの参加者を

見える化していたのです。

 

 

 

インフォグラフィック2

 

 

 

このページでは

グラフを活用しています。

グラフはデータの

見える化として

定番中の定番です。

 

 

 

グラフのカラーリングは

グリーンの濃淡と

濃いブルーの2色で

構成されていますよね?

 

 

 

2色に抑えることで

煩雑さを回避しています。

 

 

 

パワーポイントなどで

資料を作成する方は

色の使いすぎが多いので

参考にしてくださいね。

 

 

 

ことろで濃いブルーは

何を意味している

のでしょう?

 

 

 

グラフを読み解くと

「一番多いカテゴリー」

を表現していると

推測されますが・・・

 

 

 

ここで気がつきます。

それなら

「マラソン予測タイム別集計」は

3時間台が濃いブルーじゃないかと。

恐らく校正ミスです。

そんなことまで

気づいてしまいます(笑)

 

 

 

東京マラソンは

走るだけでなく

デザインの観点からも

たくさんの学びが

あることがわかります。

 

 

 

普段見ているものを

観察できる力を

養っていきたいですね。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

あなたの会社のキャッチコピーは?

2019/02/26


vol.385

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。 

 

 

 

褐色の恋人   

 

 

 

信号待ちをしていたら

横にトラックが

止まりました。

 

 

 

車体には

スジャータ「褐色の恋人」

 

 

 

なつかしい・・・

 

 

 

そう言えば

「お口の恋人」

「白い恋人」・・・

 

 

 

「恋人」ってついた

キャッチコピーや商品名

って結構ありますね。

 

 

 

「○○といっしょにあるもの」

って意味の時に

使うのかな

なんて想像したり

妄想が広がりました(^_^)

  

 

 

キャッチコピーのように

あなたの会社が「何屋」か

あなたの商品の「特徴」がなにか

 

 

 

ワンフレーズの言葉があると

お客さまに伝わりやすくて

便利です。  

 

 

 

街中で見かける

いろんな言葉を集めて

置き換えてみると

いい案が見つかるかも

しれませんね(^ ^)

 

 

 

いろいろ試して

遊んでみてください(^^)

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

新しい社名。どんなことを気にしたらいい?

2019/02/09


vol.368

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

毎週金曜日は

岡山県よろず支援拠点の

担当日。

 

 

 

コーディネーターとして

・デザイン

・ブランディング

の相談を受けています。

 

 

 

 

この日は

オルトファーム

かんなさんが

訪ねてきてくれました。

 

 

 

オルトファームかんなさん

 

 

 

「野菜と米をわけて

新しい会社の名前を

検討しているんですよ」と。

 

 

 

屋号はいま彼女がしている

農法を表したネーミング。

 

 

 

「いまの屋号は

気に入っているけど

将来的に農法を変えたら

使えなくなるし」

 

 

 

「何屋かわからないって

よく言われるんです。」

 

 

 

思っていることを

いろいろと話されるのを

訊きながら

 

 

 

課題や願望を

ホワイトボードに

整理すると・・・

 

 

 

自然と新しい屋号の

候補が見えてきました。

(ここではご紹介できませんがm(_ _)m)

 

 

 

創業ストーリー

 

 

 

創業の思いや

企業理念に由来する

言葉は

 

 

 

たとえ具体的な

農法が変わっても

創業ストーリーとして

価値があります。

 

 

 

「なんで○○○なんですか?」

と聞かれることは

お客さまから

話しかけてもらえる

最高の「つかみ」でもあります。

 

 

 

それは

「なんでカタカナなんですか?」

と創業以来17年間

質問を受け続けている

私が言うから 

間違いありません(笑)

 

 

 

IMG_1813 

 

 

 

他にも

50音順でリストになった時

上位になるとか

子供でも覚えやすいとか

 

 

 

漢字・カタカナ・ひらがなだと

これがいいとか

 

 

 

長い、短い

語呂がいいなど

いろんな側面から

いっしょに検討しました。

 

 

 

「あ、なんか、

これでいいように思える」

 

 

 

本当は答えはかんなさんの

頭と心の中にあったのだと

思いますが

 

 

 

いっしょに話しながら

整理・検討したことで

スッキリとしたのかな(^_^)

 

 

 

ひとりで考えても

いつも同じところを

グルグルと回っている

感じになること

ありませんか?

 

 

 

そんあときは

人に話してみて

雑談しながら頭の整理を

することをオススメします。

 

 

 

ホームページ

チラシ、パンフレット

のデザインや

ブランディングに関して

話し相手が必要な時は

ぜひ金曜日の

岡山県よろず支援拠点へ

お越しくださいませ(^ ^)

 

 

 

3月末まで

コーディネーターとして

お待ちしております(^_^)

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

パッケージデザインを見直したい・・・その前に!

2019/02/03


vol.362

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

プレゼントを贈る女性の手元 

 

 

 

もうすぐバレンタインデー♪

いろんなチョコレートが

着飾って店頭に並んでいます。 

 

 

 

パッケージが印象的で

気に入られて選ばれる

チョコレートも中には

あるんでしょうね(^ ^)

 

 

 

先日パッケージデザインを

見直したいという

ご相談をお受けしました。

 

 

 

理由をお尋ねすると

「パッケージを変えると

いわゆるレコードやCDの

“ジャケ買い”みたいな需要も

あるんじゃないかと思って!」

とのこと。

 

 

 

現在のパッケージを拝見すると

社長の奥様が丁寧にデザインされ

好印象なので

 

 

 

デザイン料(コスト)と

ジャケ買い需要(新たな売上)の

費用対効果を考えると

本当にそれでいいの?

と思ってしまいました。

 

 

 

そこでちょっと質問を

投げかけてみました。

 

 

 

「パッケージを変えるとして

誰のどんな需要に答えます?」

とお尋ねすると

 

 

 

「ギフトとして

親や家族が贈る感じ」

「ママがプチ手土産で

プレゼントする感じ」

など具体的なイメージが

ありました(^^)

 

 

 

例えばギフト商品なら

箱に詰めて宅配便で

贈ることになりますよね。

 

 

 

受け取った人は

その商品の価値を知らない

状態なわけです。

 

 

 

箱を開けて

商品が並んでいるだけでは

価値がわからないし

 

 

 

価値がわからなければ

うまく活用できない

かもしれない。

 

 

 

さらに言うと

その人からの注文は

生まれにくい。

 

 

 

なにより・・・

贈った人が残念ですよね。

 

 

 

それなら

「ブランドブック」のような

商品のストーリー性を

伝える小冊子や

 

 

 

気に入ったらネットで

変える方法を伝える

「ミニチラシ」を

同梱すべきです。

 

 

 

「商品パッケージを見直す前に

まだ無いけど必要なツールを

先に作成した方が

売上が伸びやすくて

いいんじゃないですか?」

とご提案しました。

 

 

 

必要なツールとは

他にもいろいろ考えられて

 

 

 

ご相談者に参考までに

お送りしたのは

久世福商店の

ギフトコーナーの写真。

 

 

 

久世福商店1 久世福商店2 久世福商店4 久世福商店3 久世福商店5

 

 

 

 

そもそもギフト商品として

選ばれるところから

考えなくてはいけません。

 

 

 

今回のご相談者と

久世福商店は

取扱商品が似ているため

参考になるところが多いはず。

 

 

 

 

こんな感じで

ご相談を受けても

状況によっては別のご提案を

させていただくこともあります。 

 

 

 

それは

限りある予算を

できるだけ有効活用して

クライアントの業績UPに

繋げて欲しいからです(^^)

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

求人用ホームページはここがポイント!

2019/01/30


vol.358

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

昨年は「IT導入補助金」の

応募をお手伝いした

クライアントが7社あり

採択率は100%でした(^ ^)

 

 

 

ホームページを制作して

実績報告が完了。

補助金手続きは私が担当なので

ほっとしています(^ ^)

 

 

 

ホームページ制作を

していて感じるのは

求人用にホームページを

初めて作る会社や

リニューアルする会社が

増えています。

 

 

 

「人が集まらない」

「来てもすぐ辞めてしまう」

と人手不足に嘆いている

経営者の声を

たくさんお聞きしますね。

 

 

 

アッパービレッジは2年前から

自社のホームページを強化して

今ではハローワークと

ホームページだけで

求人の応募が月数件あります。

 

 

 

小さな会社なのに

応募者が途切れないので

よく驚かれますが

 

 

 

実際にあっこちゃんとまっすーは

ホームページを見て

アッパービレッジを

選んでくれた社員さんです。

 

 

 

2人に尋ねたら

「『岡山でこういう人たちと

こういう仕事がしたい』

『岡山の地域貢献が最終目的』

とヨシコさんの想いが出ていた」

 

 

 

「ブログを見て

スタッフ同士がみんな仲がいい

社内の雰囲気がわかった」

とのこと。

 

 

 

単に給与などの条件や

会社規模だけでなく

「どんな人が働いているか?」

「その事業にどんな想いがあるか?」

を会社を選ぶときの

判断材料にしている人もいます。

 

 

 

会社の持つストーリーを

受け手の胸にスッと

おちるような形で発信する

ホームページが求人には大切。

ポイントはここにあるのです!

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

お客さまが心惹かれるコトをデザイン

2018/11/05


vol.272

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

Natal2

 

 

 

 

今度ブランディングを

お手伝いさせていただく

お客さまの写真撮影で

 

 

 

ヘアメイクをお願いする

Natalの池田裕子さんを

訪ねて打ち合わせ。

 

 

 

 

Natal1

 

 

 

とにかくオシャレ♪

 

 

 

Natal3

 

 

 

まりんちゃんと

二人でテンション

上がりましたね〜(^ ^)

 

 

 

撮影用の場所として

お借りする予定なので

実際にこの目で確認が

できてよかったです♪

 

 

 

ブランディングの

ストーリーについて

話し合っている時

 

 

 

出てきた言葉は

「お客さまが見たいものを

見せるのがいいんじゃない?」

でした。

 

 

 

ターゲットとする

お客さまが心惹かれる

「うちの会社もそんな風に

してもらいたい」

(お願いしたい)

 

 

 

と思われることを

引き出すのが

デザインの仕事。

 

 

 

 

人は想像できないものは

受け入れ難いから

「コピー(言葉)」

「グラフィック(絵)」

などのデザインで

 

 

 

見える化して

伝えることで

想像してもらえる

お手伝いをするのです。

 

 

 

そのために

デザイナー

カメラマン

ヘアメイクの

 

 

 

プロフェッショナルチームで

トータル的に

ブランドをデザイン

していきます(^ ^)

 

 

 

さて、次回は

会場でカメラマンと

ロケハンです(^ ^)

 

 

 

想像してもらいたいコトを

創造してもらえるよう

進めていきます!

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。 

 

 

 

また明日

お会いしましょう。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

ストーリーのあるブランディング

2018/08/05


vol.180

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

岡山市内で

行われる祭りは

「うらじゃ」。

 

 

 

「うら」とは

「鬼」のことなんです。

 

 

 

岡山県は桃太郎伝説が

残る地域なので

ネーミングにも

多く用いられていて

 

 

 

今年の3月に公募して

決められた空港の名前も

「岡山桃太郎空港」

ですし

 

 

 

岡山県が主催する

地域リーダー養成塾も

「ももたろう未来塾」

と言います。

 

 

 

わたしはその

ももたろう未来塾で

アドバイザーを

させていただいて

6年目。 

 

 

 

DSC_3550

 

 

 

「ストーリーのある

ブランディング」という

テーマで講義を

させていただきました。

 

 

ブランディング

 

 

 

どうしてストーリーが

ある方がいいかというと

 

 

 

冒頭にも出てきた

「桃太郎」のお話。

みなさん、おおまかには

ご存知ですよね?

 

 

 

むかし むかし あるところに

おじいさんとおばあさんがいて

おじいさんは山へ芝刈りに

おばあさんは川へ洗濯に・・・

 

 

 

思い出しながら

人に話すことも

できますよね?

 

 

 

つまり

ストーリーがあると

記憶しやすく

人に伝えやすく

なるのです。

 

 

 

ブランディング

 

 

そのため

ストーリーにして

自社の志や情熱

他にはない強みを

発信することで

 

 

 

記憶に残りやすく

思い出して

もらいやすくなるので

アッパービレッジとしては

オススメしています。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

また明日

お会いしましょう。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama