Blogブランディングブログ

「イチロー」が「イチロー」でなくなった日。

2019/03/26


vol.410

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

ホームページやパンフレットなど

会社のブランディングやデザインを

一からお手伝いしています。

 

 

 

初めてホームページを作る方

リニューアルしたい方

安心してご相談くださいね。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

昨夜、遅ればせながら

イチロー選手の引退会見を

U-tube動画で見ました。

 

 

 

イチロー選手現役引退記者会見

YouTube イチロー現役引退 記者会見ノーカット版より

 

 

 

深夜に1時間以上かかった

記者会見でしたが

リアルタイムで最後まで

ご覧になった方も

多いようですね。

 

 

 

 

翌日以降も

ワイドショーなどで

取り上げられ

あちこちで

話題が続いています。

 

 

 

野球に無頓着な私でも

イチロー選手のことは

知っていることも多く

後からこっそり記者会見を

見ようと思うのですから。

 

 

 

「イチロー」の

ブランド力のすごさを感じます。

 

 

 

記者会見での

イチロー選手の発言は

1つ1つ言葉を選んでいて

思考の深さを感じながら

しみじみと聞いていましたが

 

 

 

 

「えっ?そうなの?」

と胸が熱くなった

瞬間がありました。

 

 

 

それは・・・

 

 

 

「イチロー選手は

(引退後)何になるのですか?」

という今後の活動について

質問された時。

 

 

 

質問の意図としては

監督になるのか

タレントになるのか

そんな方向性を探る

質問でした。

 

 

 

それに対して

イチロー選手は・・・

 

 

 

「どうなるんでしょうねー。

そもそもカタカナの

“イチロー”って

どうなんだろうね?

 

 

 

“元カタカナのイチロー”

みたいになるの?

どうなんだろう?

どうなんだろうね、あれ。

 

 

 

“元イチロー”って

いや、ぼく”一朗”だし。

音は”いちろー”だから。

どうなるんだろうね。

どうしよっかー。」

 

 

 

っておもむろに

話し始めたのです。

 

 

 

質問した記者も

その他の記者も

お茶の間で聞いていた

多くの日本人も

「そこーーー?

次はなにするかを知りたいの!」

って思っていたでしょうね(笑)

 

 

 

でも

でもね

 

 

 

同じカタカナ名を

使う私としては

この瞬間に

彼の覚悟が伝わってきたのです。

 

 

 

イチロー選手にとって

引退することは

「イチロー」と

さよならすることなんだと。

 

 

 

「イチロー」は

「鈴木一朗」では

印象度が低いから

彼のブランディングとして

仰木監督がつけたビジネス名。

 

 

 

彼はこれまで

「イチロー」として

一流のプロ野球選手を

演じてきたのです。

 

 

 

そして今

「イチロー」と違う

「鈴木一朗」として

第2の人生を

生きていくと

話しているのです。

 

 

 

「イチロー」が

「イチロー」でなくなった日。

 

 

 

名前とは

その存在そのものを

表すもの。

 

 

 

だから

監督「イチロー」

タレント「イチロー」

は彼の中では

ないんだろうなって

 

 

 

本当の本当に

引退するんだなって

大きな覚悟を感じました。

 

 

 

この潔さは

かつて

山口百恵さんが

引退したときと

同じような感覚です。

 

 

 

今後、実際に

元イチロー選手が

どのような活動を目指すか

わかりませんが

 

 

 

「イチロー」は

大きなブランドだっただけに

簡単に脱がせてもらえるのか?

 

 

 

ファンが多いだけに

自由にならないことも

多いんじゃないのかなあ

なんて他人事のように

思いながら

 

 

 

またこれからも

彼をテレビで見る日が

あることを願っている

自分がいるのでした。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

あなたの会社のキャッチコピーは?

2019/02/26


vol.385

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。 

 

 

 

褐色の恋人   

 

 

 

信号待ちをしていたら

横にトラックが

止まりました。

 

 

 

車体には

スジャータ「褐色の恋人」

 

 

 

なつかしい・・・

 

 

 

そう言えば

「お口の恋人」

「白い恋人」・・・

 

 

 

「恋人」ってついた

キャッチコピーや商品名

って結構ありますね。

 

 

 

「○○といっしょにあるもの」

って意味の時に

使うのかな

なんて想像したり

妄想が広がりました(^_^)

  

 

 

キャッチコピーのように

あなたの会社が「何屋」か

あなたの商品の「特徴」がなにか

 

 

 

ワンフレーズの言葉があると

お客さまに伝わりやすくて

便利です。  

 

 

 

街中で見かける

いろんな言葉を集めて

置き換えてみると

いい案が見つかるかも

しれませんね(^ ^)

 

 

 

いろいろ試して

遊んでみてください(^^)

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

おもしろい×社会にいい

2018/06/27


vol.141

 

 

 

まちづくりをするコツが知りたい方へ

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

面白そうな

匂いがしたので

行ってみました♪

 

 

 

日下さん

 

 

 

電通のコピーライター

日下慶太さんの

トークショー。

 

 

 

日下さん

 

 

 

商店街から

「おもしろい×社会にいい」

を生み出してきた

仕事の内容や

 

 

 

「楽しくアホに

まちづくりをするコツ」

をお聞きしましたよ♪

 

 

 

日下さん

 

 

 

ところで

日下さんは

なんで「アホ」に

こだわるんでしょう?

 

 

 

大阪出身の

日下さんが言うには

 

 

 

大阪で「アホ」は

「きみはなんて

“規格外”で

おもしろいのだ!」

という意味の

“褒め言葉”とのこと。

 

 

 

わかる〜!

(昔、大阪に住んでいたので。)

 

 

 

“規格外”

“自分にしかできない”

つまり独自性。

ほかのものと差別化され

強くなるのです。

 

 

 

ブランドづくりと

同じだなあと思いながら

聞いていましたが

 

 

 

これだけじゃなかった!

 

 

 

アホには

“規格外”だけじゃなくって

“おもしろい”もあるから

人が集まるし

自分も楽しいし

だから・・・

ずっと続けられる♪

 

 

 

まちづくり活動に限らず

“おもしろい”って

つい忘れちゃいがち。

 

 

 

おもしろい

×

社会にいい

×

自分にいい

×

自分にしかできない

 

 

 

この日下さんの流儀は

ビジネスでも

まちづくりでも

当てはまることだな

って思いました。

 

 

 

あとは

アホになるには

照れと遠慮を捨てる!

 

 

 

 

今日を逃すと

チャンスは二度と来ないかも

と思って今を生ききる。

 

 

 

その積み重ねが

人生なんだよって

教えてもらった夜でした。

 

 

 

日下さん

 

 

 

お聞きしたお話の

ほとんどは

この本に載っているとのこと(笑)

 

 

 

詳しく知りたい方は

迷子のコピーライター

をどうぞ♪

 

 

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました。

 

 

 

では・・・また明日♪

 

 

宵