岡山のブランディングデザイン会社|アッパービレッジ 名刺・チラシ・ホームページお任せください

事業再開なのになぜ売り込まないのですか?

2018/11/22

vol.289

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

真備_チラシセミナー1

 

 

 

よろず(※)のお仕事で

真備船穂商工会議所へ。

岡山県よろず支援拠点のこと。
 コーディネーター(相談員)をしています。

 

 

 

 

 

 

 

真備_チラシセミナー2

 

 

 

チラシの組み立て方

個別相談会の講師です。

 

 

 

ご存知のように

7月の豪雨災害で

真備は岡山県内でも

最大級の被害にあいました。

 

 

 

被災した事業者を支援しようと

中小企業庁など国が

補助金を用意しています。

 

 

 

採択された事業者さんの

中には販売促進のための

チラシを作ったことなくて

困っているとお聞きして

企画された相談会です。

 

 

 

 

真備船穂商工会の向かいに

ファミリーマートがあり

買い物に寄ったところ

 

 

 

レジの隣にこんな

ファイルがありました。

 

 

 

真備_ファミマ2

 

 

 

「真備地区

応援メッセージ!!」

 

 

 

このファミリーマートに

訪れたお客さまが

書いたものだそうです。

 

 

 

ファイルを開くと

 

 

 

真備_ファミマ1

 

 

 

こんな感じで

多くの応援メッセージが

詰まっていました(^^)

 

 

 

元気をもらえる

感謝の気持ちが生まれる

 

 

 

人のハートに届く

応援メッセージ

ファイルでした。

 

 

 

じつは

講師をつとめる

チラシ相談会では

 

 

 

チラシの原案を

相談者といっしょに

作成するのですが

 

 

 

決めている

ルールがあります。

 

 

 

「売り込まない」

「感謝気持ちと

 がんばっている姿勢を伝える」

です。

 

 

 

真備_チラシセミナー3

(左:相談者が作ってきたもの 右:チラシの内容を感謝と近況報告に変更)

 

 

 

せっかく事業を再開したのに

売り込まないって変ですね

っていう方も1名いましたが

 

 

 

相談に来られた

ほとんどの方(10名以上)は

「その方がいいです」

とおっしゃられました。

 

 

 

「応援したい」と

思ってもらって

問い合わせや来店して

いただくことが

 

 

 

事業再開の時期としては

望ましいと思ったからです。

 

 

 

専門用語では

「共感マーケティング」

と言われる手法です。

 

 

 

ファミリーマートの

応援メッセージのように

ハートに届くチラシに

仕上がって

 

 

 

一人でも多くの

問い合わせや

来店があることを

願っています!

 

 

 

真備_チラシセミナー4

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。 

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

ムラカミヨシコ

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコ

ミッション

岡山の小さな会社が広報PRに困った時に頼れる存在でいたい。

岡山のブランディングデザイン会社

アッパービレッジ有限会社

〒700-0812
岡山県岡山市北区出石町1-2-4
電話:086-221-8448
/ FAX:086-227-9116
/ E-mail:info@upper-village.com
>ホームページはこちら


ホームページ、チラシ、名刺などを経営目線でデザインして
小さな会社が差別化するお手伝いをしています。

代表取締役:ムラカミヨシコ

過去のブログはこちらからアクセスできます。