Blogブランディングブログ

人の行動が変わるデザインとは?

2019/11/28


vol.426

 

 

 

皆さま、こんにちは。

ブランディングコンサルタントの

ムラカミヨシコです。

 

 

 

紅葉

 

 

 

いま、アッパービレッジの

窓から見える景色は黄色です。

 

 

 

街路樹のフウの木が

みごとに紅葉している今日この頃。

四季を楽しめる贅沢な時間は

至福のひとときです。

 

 

 

 

イチョウ

 

 

 

黄色の紅葉が美しいといえば

岡山大学もその聖地の1つ。

今日は岡山大学環境理工学部へ

お伺いしました。

 

 

 

岡山大学理工学部

 

 

 

最近、空き家が社会問題に

なっていることは

ご存知でしょうか?

 

 

 

じつは、私自身、

70歳を過ぎた両親が

香川県内に住んでいます。

 

 

 

ムラカミ家は

姉と私の二人姉妹で男兄弟はおらず

娘二人はどちらも結婚して

姉は兵庫県に、私は岡山に住み

もう香川県に戻ることはない状況です。

 

 

 

ありがたいことに両親ともに健在で

仲良く元気に暮らしていますが

歳を追うにつれ、いずれは、

実家に誰も住まなくなることは

想定の範囲内にあります。

 

 

 

だからこそ将来のことを

そろそろ話し合った方が

いいんだろうなぁと思いつつ

 

 

 

お盆やお正月に帰省して

実際に顔をあわせると

なんとなく切り出しにくくて

そのまま…という有様です。

 

 

 

それが現実であり

もしかしたら私みたいな方は

多いんじゃないかなぁ

とも思っています。

 

 

 

空き家イメージ

 

 

 

そんな現実を抱える私は

岡山市空家等対策協議会の

メンバーをしていまして

 

 

 

そのご縁で

岡山大学 氏原岳人先生から

お声がけをいただいて

空家予防プロジェクトに

参加させていただいてます。

 

 

 

構成メンバーは

岡山大学、岡山市、

中電技術コンサルタント、弊社。

 

 

 

岡山市内の某地域を対象として

空家の発生を抑制するための

取り組みを行なっています。

 

 

 

氏原先生と学生さん

 

 

 

今日は3回目の会議でした。

今回のプロジェクトは

「行動変容」がキーワード。

 

 

 

「行動変容」とは

人の行動が変わることをいいます。

アッパービレッジが

本プロジェクトに参画する

主要なミッションは

「行動変容」のきっかけとなる

デザインをすることです。

 

 

 

中国技術コンサルタント&アッパーレッジ

 

 

 

プロジェクトには

途中から参画したので

まずはチラシデザインから

お手伝いしますが

 

 

 

「行動変容」とは

なにか1つ手を打ったからといって

大きく変わるものでもありません。

 

 

 

対象者がさまざまな

経緯を経て行動が

変わっていくものです。

 

 

 

だから時間がかかることを

ご理解をいただきつつ

まずはA4チラシで

最初の布石を打ちます。

 

 

 

デザインするときに

意識するべきことは

「伝える」と「伝わる」は

全く違うということ。

 

 

 

人は頭で理解していても

感情で行動するのです。

 

 

 

「EQマーケティング」とも言われる

この観点が抜けてしまうと

ただ説明をするチラシで

終わってしまいます。

 

 

 

アッパービレッジは

ながらくランチェスター戦略を学ぶ中で

顧客(ターゲット)との人間関係づくりが

行動変容につながることを知っています。

 

 

 

それを具体的な表現に落とし込んで

デザインをさせていただきました。

 

 

 

まだデザインは公開できませんが

いずれ結果とともに

ご紹介できればと思います。

 

 

 

 

岡山大学と岡山市

 

 

 

アッパービレッジは

デザイン制作から始まった会社ですが

企画力とコンサルティング力を活かして

事業開発プロジェクトにも関わらせて

いただくことが増えました。

 

 

 

 

プロジェクトの一員として

伴走型でご支援できることを

うれしく思いますし

 

 

 

岡山で生活も仕事も

させていただく者として

地域に貢献できる会社で

あれることはうれしく

これからもそうありたいと願います。

 

 

 

 

DSC_2615小

 

 

 

アッパービレッジ有限会社

代表取締役 ムラカミヨシコ

 

 

 

アッパービレッジは

「デザイン」

「チームビルディング」

「事業開発コンサルティング」

で中小企業を元気にする

ブランディングデザイン会社です。

 

 

初回のご相談は無料です(1時間)。

ますはお気軽に

お電話/メールでご連絡ください。

Blogブランディングブログ

シェアが女性の働きやすい職場をつくる!

2019/03/17


vol.404

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

ホームページやパンフレットなど

会社のブランディングやデザインを

一からお手伝いしています。

 

 

 

初めてホームページを作る方

リニューアルしたい方

安心してご相談くださいね。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

ご存知ですか?

「おかでんチャギントン」

 

 

 

英国の人気鉄道アニメ

「チャギントン」の

キャラクターを再現した

路面電車の運行が

今日から始まりました!

 

 

 

チャギントン1 チャギントン2

 

 

 

 

まちなかに

楽しい乗り物が増えると

嬉しくなりますね♪

 

 

 

電停や線路周辺には

たくさんの子供達や

鉄道ファンが集まっていて

 

 

 

私もいつか

乗ってみたいな〜

って思います(^_^)

 

 

 

いろんな

まちづくりが

ある中で・・・

 

 

 

岡山県が主催している

地域のリーダー養成塾

「ももたろう未来塾」

第6期生の

研究発表&卒塾式が

ありました。

  

 

 

岡山県ももたろう未来塾5

岡山県ももたろう未来塾2

 

 

 

20名の塾生が

4チームに分かれて

 

 

 

・地域を支える産業の振興

・働き方改革

・学力向上につながる

 教育環境の整備

・若者の還流・定着

 

 

 

という

地域の課題に対して

研究活動を行い

リーダーとしての

資質を学びました。

 

 

 

わたしは

アドバイザーとして

6年間お手伝いを

させていただいます。

 

 

 

岡山県ももたろう未来塾8 岡山県ももたろう未来塾3 岡山県ももたろう未来塾4 岡山県ももたろう未来塾11

 

 

 

みなさん

それぞれに個性的な

施策案が提案されていて

興味深く聴かせて

もらいながら 

 

 

 

 4つの研究から出てきた

キーワードをみていると

共通する考え方は

「シェア」

だと私は思いました。 

 

 

 

自分の持っている

「技術」「時間」「経験」

「ネットワーク」などを

提供できる人が

少しづつ提供しあって

持続可能な生態系を

つくっていく ・・・

 

 

 

しかもその対価は

お金ではなく

「楽しい」「ワクワク」

「やりがい」「おたがいさま」

など体感的な価値です。

 

 

 

中でも

第2グループが研究した

「岡山県内の中小企業における

女性の働きやすさに関する考察」

は私たち経営者には

多くの気づきを与えてくれます。

 

 

 

彼らは女性の働きやすい

職場アンケートの

上位項目を以下のように

整理していました。

 

 

 

岡山県ももたろう未来塾10 岡山県ももたろう未来塾9

 

 

 

(1)生活スタイルに合わせた

 場所の自由

(2)生活スタイルに合わせた

 時間の自由

(3)個人のビジョン

 企業のビジョンの重なり

(4)能力を活かせる配属

 

 

 

そして実際に

岡山県内の中小企業に

訪問して現地調査を行い

各企業の取り組み内容を

整理しています。

 

 

 

それらから

導き出された

女性の働きやすい

中小企業とは

どんなところか???

 

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

・実際に産休・育休を

 取っている社員がいて

・定時で帰っても問題のない

 作業分担がでいていて

・採用HPに

 「女性にこんなふうに活躍してほしい」

 という明確なメッセージを

 発信している会社

 

 

 

これに加えて・・・

 

 

・社内システムや設備への

 投資といった

 「働きやすさ」に向けた

 実際のアクションが

 見えていて、

・社長が社員と対話しながら

 「自ら変わる姿勢を見せている」

 会社

 

 

 

つまり・・・

社長が変わって

会社のルールを変えたり

設備投資したり

社員と対話しながら

実践していく。

 

 

 

それに尽きるのですね。

 

 

 

塾生さんの研究活動で

私も学ばせていただきました。

ここでご紹介させて

いただき多くの経営に

発信するとともに

私自身も参考にさせていただきます。

 

 

 

1年間皆さまお疲れ様でした。

&ありがとうございました。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

誰にでも優しいデザインとは?

2019/03/09


vol.396

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

ホームページやパンフレットなど

会社のブランディングやデザインを

一からお手伝いしています。

 

 

 

初めてホームページを作る方から

リニューアルしたい方まで

安心してご相談いただけます。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

突然ですが

誰にでも優しいデザインって

どんな感じなんでしょうね?

 

 

 

アッパービレッジでは

デザインに関する研修も

行なっていて

 

 

 

先日は

ユニバーサルデザイン

について学びました。

 

 

 

ユニバーサルデザイン

(Universal Design)とは

 

 

 

Wikipediaによると

「文化・言語・国籍や

年齢・性別などの違い

障害の有無や能力差などを

問わずに利用できることを

目指した建築・製品・情報などの

設計(デザイン)のことである。」

 

 

 

英語の頭文字をとって

「UD」と表記されることが

よくあります。

 

 

 

 

私たちがしている

デザインのお仕事で言えば

誰でも読みやすい

フォントを選んだり

色使いに配慮をするetc…

になりますが

 

 

 

デザイナーが

頭ではわかっていても

自分自身に実感のないことは

「ピンとこない」ので

 

 

 

経験値が少ないと

同じ間違いを

繰り返しがちです。

 

 

 

わかりやすい例で言えば

若いデザイナーは

小さなサイズの文字が

かっこいいと感じるけれど

 

 

 

アラフォー以上の年代は

それじゃ読めん!

という感じでしょうか(笑)

 

 

 

だから若いスタッフが

疑似体験をして

「これって不便だなあ」

と実感することって

必要だと思っています。

 

 

 

3月の研修会では

このUDをスタッフに

学んでもらいましたが

 

 

 

では具体的には

どんなことを

学んだのでしょう?

 

 

 

その研修内容について

受講した感想を

あっこちゃんが

ブログにしてくれました。

 

 

 

 

記事はこちら

IMG_8051 

 

 

 

ちにみに・・・

 

 

 

このUD講座は

どちらの会社や団体でも

無料で受講可能です。

 

 

 

ご興味ある方は 

NPO法人まちづくり推進機構岡山

までお問い合わせください。

 

 

 

じつは・・・

私はこのNPOで

理事をしています。

 

 

 

だから

アッパービレッジに

お尋ねいただいても

ご紹介できますよ(^_^)

 

 

 

誰にでも優しい

デザインが広がって

より優しい社会に

なりますように♪

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

マクドナルドのV字回復。その背景にあるマーケティングとは。

2019/03/08


vol.395

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

ホームページやパンフレットなど

会社のブランディングやデザインを

一からお手伝いしています。

 

 

 

初めてホームページを作る方から

リニューアルしたい方まで

安心してご相談いただけます。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

大阪から岡山に

引っ越してきた頃

戸惑ったこと

 

 

 

それは・・・

 

 

 

「マック」VS「マクド」論争(笑)

 

 

 

ファストフード店

マクドナルドのことを

大阪人は「マクド」って

呼ぶのに対して

岡山人は「マック」って

言うんですよね。

 

 

 

どっちが正しいって

意外とみなさん

熱く語ったりします。

 

 

 

どうでもいい話ですが(笑)

 

 

 

そんなマックへ

ランチに行きました。

(岡山人になりましたね〜)

 

 

 

チキンタツタ

 

 

 

お目当は「チキンタツタ」。

マックのメニューの中で

一番大好き♪

 

 

 

かつてレギュラー商品に

なったこともありますが

ここしばらくは

期間限定商品のため

CMなどで見かけて

あわてて食べに行きます!

今年も食べることができて

よかった(*^_^*)

 

 

 

そういえば、数週間前に

日本マクドナルドホールディングスの

2018年12月期

決算発表がありましたね。

(以下の公開資料はこちら

 

 

 

mac1

mac2

 

 

 

既存店売上高前年対比

 +6.9%

既存店客数前年対比

 +4.1%

1店舗当たりの平均月商

 約1,500万円(上場来最高)

既存店売上 前年対比増

 38ヵ月連続

 13四半期連続

 

 

 

 

 

 

 

2015年12月期に

347億円の赤字にまで

落ち込んだあと

 

 

 

改革にとりかかり

2017年12月期には

過去最高益を更新し

鮮やかなV字回復を

遂げましたが

 

 

 

それ以降も業績は

好調のようです。

 

 

 

このV字回復には

代表取締役社長兼CEOの

サラ L・カサノバさんが

マーケティングを強化して

マクドナルド「らしさ」へ

立ち返ったことが

大きいと言われています。

 

 

 

mac4

mac5

 

 

 

既存顧客にヒアリングをして

課題を徹底的に改善し

要望を実現化し

最高の店舗体験を

提供しています。

 

 

 

資料にある

「KODO」とは

顧客の声を集める

アプリのことです。

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

実際の店舗では

こんな感じで各テーブルで

PRされています。

 

 

 

マクドナルド1 マクドナルド2

 

 

 

アンケートに回答したら

割引クーポンがもらえるので

インセンティブに惹かれて

回答する顧客も多いのでしょう。

 

 

 

顧客満足度が向上しているので

これらの施策が功を奏している

のでしょうね。

 

 

 

ブランディングは

マーケティング戦略の一部です。

顧客と向き合い

顧客の声に耳を傾けることは

基本になります。

 

 

 

ホームページを作る、

ロゴマークを作る、

会社案内を作る ときは

 

 

 

ぜひ既存の顧客に

自社の魅力や改善点を

お聞きすると

その後の戦略づくりに

役立ちますよ!

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

「うまくいったこと」の原因探しをしませんか?

2019/02/17


vol.376

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

ももたろう未来塾プレ発表

 

 

 

今日は

岡山県ももたろう未来塾の

研究成果発表会の予行練習。

アドバイザーとして参加しています。

 

 

 

ももたろう未来塾

 

 

 

その前に

同じくアドバイザーをしている

岡山大学 駄田井 久 さんの

講義がありました。

 

 

 

タイトルは

「卒塾後に求められる

“科学的”な視点」

 

 

 

こまかいことは

ここでは置いといて 笑

 

 

 

私がおもしろいなって

思ったのは

 

 

 

人間ってかならずしも

「合理的な行動」を

選択するわけではない!

ということ。

 

 

 

たとえば、

コンサートのチケットを

2万円くらいなら

買ってもいいかな〜

と思っていたら

(行けたら行こうかな程度の興味)

 

 

 

運良く1万円で

手に入れることができた

としましょう。

 

 

 

すると知り合いが

どうしてもその

コンサートに行きたいから

5万円で買うから売って!

と言われたとしても

 

 

 

実験の結果

売らない人が多いそうです。

(4万円得するのに)

 

 

 

どうやら人は

一度所有したものに

高い価値を感じて

それを手放すことに

抵抗を感じる性質が

あるのだそうです。

(「保有効果」)

 

 

 

だから

心理学×経済学で

人間の行動を科学する

「行動経済学」って

領域が生まれたそうです。

(従来の限定合理性であった経済学の限界)

 

 

 

だからビジネスって

奥が深いんだな〜って 笑

 

 

 

それで講演タイトルにある

「科学的」とは

因果関係を分析する

客観的な視点のこと・・・

 

 

 

ようするに

「原因」=こういうことがあったから

「結果」=だからこうなった

をはっきりさせること

なのだそうです。

 

 

 

その時、ある塾生が

「課題から原因をさぐることが

実際は多いですよね」と。

 

 

 

この時、はっ!としたのは

自分の会社をブランドとして

成長させていく過程で

自社の改善点を探るために

社内会議をするのであれば

 

 

 

「課題」を分析するより

「うまくいったこと」を

分析するほうがいい!

ってこと。

 

 

 

なせなら

現状の「課題」を掘り下げても

参加している社員さんの

モチベーションは上がりにくいし

 

 

 

「結果」が改善されるか

「仮説」を立てて

「検証」することになり

実際に得たい「結果」にいたるまで

時間がかかりますよね。

 

 

 

それに対して

「うまくいったこと」や

「良かったこと」の

「原因」を探っていくことは

 

 

 

会議に参加している

社員さんも楽しいし

「結果」は実現されているから

「原因」がわかれば

すぐに「再現」できやすいから

「時短」にもなりますよね。

 

 

 

“科学的”な視点をもって

「原因」と「結果」の

 

因果関係を分析して

 

自社のブランドを

成長させていきたいですね。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

求人用ホームページはここがポイント!

2019/01/30


vol.358

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

昨年は「IT導入補助金」の

応募をお手伝いした

クライアントが7社あり

採択率は100%でした(^ ^)

 

 

 

ホームページを制作して

実績報告が完了。

補助金手続きは私が担当なので

ほっとしています(^ ^)

 

 

 

ホームページ制作を

していて感じるのは

求人用にホームページを

初めて作る会社や

リニューアルする会社が

増えています。

 

 

 

「人が集まらない」

「来てもすぐ辞めてしまう」

と人手不足に嘆いている

経営者の声を

たくさんお聞きしますね。

 

 

 

アッパービレッジは2年前から

自社のホームページを強化して

今ではハローワークと

ホームページだけで

求人の応募が月数件あります。

 

 

 

小さな会社なのに

応募者が途切れないので

よく驚かれますが

 

 

 

実際にあっこちゃんとまっすーは

ホームページを見て

アッパービレッジを

選んでくれた社員さんです。

 

 

 

2人に尋ねたら

「『岡山でこういう人たちと

こういう仕事がしたい』

『岡山の地域貢献が最終目的』

とヨシコさんの想いが出ていた」

 

 

 

「ブログを見て

スタッフ同士がみんな仲がいい

社内の雰囲気がわかった」

とのこと。

 

 

 

単に給与などの条件や

会社規模だけでなく

「どんな人が働いているか?」

「その事業にどんな想いがあるか?」

を会社を選ぶときの

判断材料にしている人もいます。

 

 

 

会社の持つストーリーを

受け手の胸にスッと

おちるような形で発信する

ホームページが求人には大切。

ポイントはここにあるのです!

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

これからどうなる?「災害で発生した廃棄物」

2019/01/18


vol.346

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

環境

 

 

 

昨日は阪神・淡路大震災から

24年目というニュースが

いろんなメディアで

取り上げられていましたね。

 

 

 

晴れの国おかやまも

平成30年7月豪雨災害に見舞われ

復興に向けて一歩一歩

進んでいるところです。 

 

 

 

アッパービレッジは

微々たる力ではありますが

災害後の廃棄物に関する記事を

デザインの仕事を通じて

とりまとめさせていただきました。

 

 

 

(公財)岡山県環境保全事業団 発行

eco magazine 「環境」

 

 

 

●巻頭特集

『これからどうなる?

「災害で発生した廃棄物」』
 

 

 

[内容]

 ・「平成30年7月豪雨災害」にともなう災害廃棄物量は…

 ・迅速な処理に協力!岡山県環境保全事業団

 ・どんな計画で処理するの?

 ・岡山県災害廃棄物処理実行計画

 ・環境負荷を可能な限り少なくする処理

 

 

 

こちらから

PDFをダウンロードできます。

01-12_表1-表4_1115-ol

 

 

 

メディアを通じて多くの方に

情報を届けられること。

メディアに記すことで

情報が保存されること。

 

 

 

お手伝いができて 

よかったです。 

 

  

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

また明日

お会いしましょう。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama

Blogブランディングブログ

復興支援もブランド支援も伴走がいちばん。

2018/12/15


vol.312

 

 

 

こんにちは!

小さな会社の広報PRパートナー

ムラカミヨシコです。

 

 

 

OLa1

 

 

 

OLaこと

「おかやまローカルアソシエイト」の

第13回定例会が

岡山県の矢掛町で行われました。

 

 

 

7月に岡山県を襲った

豪雨の影響で開催が延期され

本日の開催になりました。

 

 

 

OLaは

「産業の発展及び

農業の振興を図るとともに

地域経済の活性化に

寄与すること」

を基本理念にしている会です。

  

 

 

OLa2

(左端が中小企業庁次長の前田泰宏氏) 

 

 

 

定例会では

中小企業庁次長の

前田泰宏氏が基調講演。

 

 

 

パワーポイントの

資料は使わず

関西弁で自分の

考えを自由に発言される

官僚らしからぬお話に

惚れ惚れしました(^-^)

 

 

 

印象に残ったこと

それは

「7月豪雨災害後の支援を

これからも継続する」

という言葉。 

 

 

 

一時期だけ支援して

終わりではなく

伴走してもらえるのは

心強いですね。

 

 

 

これは中小企業庁の

支援に限らず

ブランディングも同じです。

 

 

 

復興が短期間で

終わらないように 

ブランディングも

時間がかかりますから

 

 

 

お客さまの状況を見ながら

必要な手立てを考え

サポートしていきます。 

 

 

 

OLa3 

 

 

 

私も分科会で

岡山県よろず支援拠点の

コーディネーターとして

プレゼンをしました。

 

 

 

前田次長のように

資料なしでフリースタイル

とまではいきませんが

楽しくPRさせて

いただきました。

 

 

 

ということで

スナック・ヨシコで

経営者の皆さまを

お待ちしています(笑)

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

がんばろう日本!

がんばろう岡山!

 

 

 

iloveokayama