岡山のブランディングデザイン会社|アッパービレッジ 名刺・チラシ・ホームページお任せください

効果の出るデザインとは

費用対効果の高いデザインにするには、
「誰」の「何の課題」を解決するためのサービスなのか
まず見直さなければいけません。

つまり、「かっこいいデザイン」が誰から見た「かっこいい」なのか。
「○○社のチラシ」は自社と同じ目的の商品のチラシなのか。
届けたい相手や商品の特性を深く考えれば考えるほど
「老若男女みんな」の難しさがわかると思います。

ライバルのいない商品サービスは(ほぼ)ありません。
だからこそ他所はない独自性が必要です。
それがあってこそ、効果的な営業ツールがつくれるのです。

私たちは「何の ための商品なのか、そして何のためにそれを作るのか?」を聞きます。
そうでないと「正しいデザイン」が決められないからです。


ホームページやチラシやパンフレットとは
売るための手段でしかありません。
目的目標、すなわち「勝つための戦略」が必要なのです。


手段と目的の違いについて、例えば「週末に山に登ろう」とします。
富士山なのか操山なのか、どのルートで行くのか、どんな装備が要るのか、手段はたくさんあります。

しかし、山に登る目的が「チームワーク作り」なのか「体力づくり」なのか「家族サービス」なのか。
目的が決まらないとどんな手段を使っても的外れな結果になってしまいます。
目的目標、すなわち「勝つための戦略」が必要なのです。


ホームページやチラシやパンフレットとは
売るための手段でしかありません。
目的目標、すなわち「勝つための戦略」が必要なのです。


手段と目的の違いについて、例えば「週末に山に登ろう」とします。
富士山なのか操山なのか、どのルートで行くのか、どんな装備が要るのか、手段はたくさんあります。

しかし、山に登る目的が「チームワーク作り」なのか「体力づくり」なのか「家族サービス」なのか。
目的が決まらないとどんな手段を使っても的外れな結果になってしまいます。
目的目標、すなわち「勝つための戦略」が必要なのです。


目的をつくるのはリーダーであるお客様の仕事です。
しかし自社のこととなるとわからなかったりこだわりすぎてしまったりして整理が出来ません。

なので、私たちがあなたの会社のことを整理します。
ランチェスター戦略というフレームワークを用いて顧客目線で洗い出します。

経営の目的はお客様をつくることです。
お客様に選ばれるため、あなたの会社の「らしさ」を出したい。
そのためには何かで Only One にならないといけません。
100万人に響くのは無理でも、その中の1%に届けば1万人です。
その人が好きな方法はなんだろう?

そしてそれこそが自社の独自性、強みになります。